150万の中古車購入のためのカーローンは無謀でしょうか?

近々総額150万の中古車を購入する予定です。そこで今はローンをどこで組むかで悩んでいます。できれば月々3~5万円の支払いで3~5年以内で完済できればいいかなという計画です。低金利のところで借入れをしたいのでカーローンを検討しているのですが、カーローンは審査が厳しいと聞きます。この資金計画では無謀でしょうか?

カーローンは月々の支払金額の他にも修理や車検も考えて

月々3~5万円の支払いで3~5年以内で完済したいというコトですので、例えば月々3万円を3年の36回支払いをしたとすれば3×36で108万円の借入れですね。そして月々5万円を5年の60回支払いしたとすれば5×60で300万円の借入れとなります。これは単純に計算した場合で、実際に借入れとなると金利が発生しますね。

例えば150万円を固定金利4.8%、返済期間を5年、ボーナス払いなしで考えると毎月28170円となります。返済期間を3年と短くすると返済金額は44822円となるので3年の借入れでも十分返済計画の範囲内ですね。

そして中古車を買う時には注意しておきたいことがあります。それは故障しにくい車を購入するコト、故障しても面倒を見てくれる会社で購入するコトです。ローンを組んで購入したのに結局故障ばかりで修理費用がかさんできたり、壊れてしまって乗れなくなると意味がありません。

また、車検も考えないといけません。2回目車検を通すという人は統計からみると少なく、2回目の車検が来る前に次の車を買うという人が多いです。そうなると、3年以内のローンを組んで車を買う方が次の車を検討しやすくなります。ローンが残ったままで次の車を購入するのは避けたいですよね。

こういった状況も考慮しながらカーローンの計画を立てるとスムーズにいきますよ。

150万円のローンを組むのは簡単ではない?

カードローンやキャッシングなどで150万円のローンを組みたいという場合、それを実現するためには審査でその金額を認めてもらうことが必要となります。この150万円という金額はどちらかと言えば高額な金額であり、しっかりと高い返済能力を持っていなければ、なかなか簡単に認めてもらえる金額ではありません。

では、150万円を借りるためにはどのような返済能力が必要となってくるのかを見ていきます。まず重要なポイントは自分の年収です。どのくらいの年収があれば上記の金額を借りることができるのか、これについてはどの会社でもその金額のラインは公表されていないので知る術がありません。なので、法律的に総量規制という観点から推測しますと、年収の3分の1を超える借入はできないとされているので、150万円の3倍にあたる450万円の年収がなければ総量規制の対象となる会社では借りることができないということになります。

審査で重要なことは自分の年収だけではありません。他社で借金を持っている状況では不利になってくるので、申し込みをする時は借金が無い状態が好ましくなります。借金をもっているほど、それだけ目標金額を認めてもらうのは難易度が高くなってきます。この借金と同じように信用を得ることも必要なので、金融事故の経験を持っている人の場合は信用を得にくい状態なので、信用情報が回復するまで待つなど対策をしたいところです。

このように150万円を借りるには色々な条件を満たして高い返済能力が認められる必要があります。基本的にどこかの金融会社1社において上記の金額を借りることが好ましいものですが、どうしても審査に通ることができない時は150万円を75万円に分けて2社での借入を考えるのも一つの手段です。小口に分けるほどそれぞれの金融会社の審査は通りやすくなるので、一つの参考にしてみると良いです。

簡単に借りることができる金額ではありませんが、もし借入できた時は金額が高いのでしっかりと返済についても考えておきたいところです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【中堅サラ金よりお薦め】収入証明書なしで契約出来る金融サイト All Rights Reserved.