銀行のカードローンなら学生でも借りれますか?

大学生活にも慣れてきて、気が付けば生活費や交際費、旅行代でアルバイトをしたお金も無くなるという感じです。大学生になってから一人暮らしを始め、親から仕送りももらっているのですが、それは家賃や光熱費に充てると食費が足りるか足りないかといった感じになります。そこで大学1年生の時からアルバイトをして食費や雑費を出していました。

大学生活も残り2年となった頃から友達との交際も増えて交際費が上がりました。そして学生生活も残り少ないんだから「旅行に行っておこう」というコトになりました。そうなると当然お金が足りなくなるようになって今はカードローンを検討しています。銀行のカードローンなら学生でも借りれますか?

学生時代はしっかり遊んでおくのも大事

銀行のカードローンは20歳以上でアルバイトなどで収入があることが必要になります。その条件を満たすと大学生でも銀行のカードローンで借入ができます。

学生時代は社会人になって振り返ってみるとあっという間です。その時代をいかに思い切り遊ぶかということも大切です。友達同士での旅行もその時にしかできないことですよね。社会人になると友達全員と同じ休みを取るというコトはなかなか難しいことです。そのため、学生のうちにお金を借りてでも旅行に行くというコトがあっても良いでしょう。学生時代はしっかり遊んでおくのも大事です。

しかし、お金を借りたなら次の月は遊ぶのを控えて返済にお金を回すことも大切です。返済をせずにダラダラと借入れをするのは自転車操業を招きます。借入れをした次の月はしっかり返済をする。メリハリのある行動をしましょう。また、借り入れ先は簡単に貸してくれるということだけで選ばずに大手のしっかりした銀行から借り入れをすると安心できますよ。

学生の方に専用の銀行系のカードローンのサービスとは

現在は、学生の方に専用のカードローンが普及してきています。このようなサービスは、アルバイトなどをしている事が前提となり、大手の銀行が在学中の方を対象に提供している為に、二十歳以上であることが条件となります。その為、未成年の方の場合は申し込みできないといった事が多いので、予めこの点に注意が必要になるのです。

この在学中の方に専用のカードローンには、サービスにより申し込み条件に幾つかの違いがあります。これは申し込める年齢と融資額です。 この在学中の方に専用のローンは、未成年でも借りられるというサービスもあり、未成年の方でどうしてもローンを組む必要がある方の場合は、このようなサービスに申込みが必要です。一般的には、このカードローンは二十歳から申し込みが出来るもので、利用を希望する場合はサービスを厳選する必要があります。

又、この銀行系のローンのサービスは、業者の定める融資限度額は最大で五十万円程度です。しかし、銀行の定める限度額は十万円程度である事が一般的で、時善意この融資限度額も調べてサービスを選択する必要があるのです。近年では、一定の審査基準を満たした方に、数十万円単位の高額な融資限度枠を提供しているサービスが多くなっています。

そして、在学中の方が借入を考える際には、銀行ローンを利用したほうが都合の良いケースが多くなります。これは金利面を考えた時に顕著になり、金利は返済時に大きな負担となり影響するので、在学中の方の場合は金利負担の少ない銀行系のサービスが有利になるのです。このサービスの中には、初回の借り入れで融資額が数万円単位であれば、一定期間は金利負担無しで借入れが出来るサービスもあります。このような特典を活用する事で金利負担が無いので、非常に利用価値の高いものとなっているのです。このようなサービスは、銀行系の業者ならば多く扱っていますので、非常に使い勝手の良いものとなっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【中堅サラ金よりお薦め】収入証明書なしで契約出来る金融サイト All Rights Reserved.